運輸安全マネージメントMANAGEMENT

当年度の取り組み運輸安全マネージメントに関する取り組み

当年度の輸送の安全に関する基本的な方針
日本一安全な統合物流会社を目指します。 また、法令を遵守し社会に安全と安心をお約束します。
  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送の安全に関する計画を社内外の研修・指導などを通じ、人材育成等に積極的に投資して参ります。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。

H27年度(H27.4~H28.3)

安心と安全、法令を遵守した統合物流企業
お荷物を徹底した管理体制により高品質のまま安全・確実にお届けします。

COMMIT社長のコミットメント・基本方針

私たち銚洋陸運グループは、お客様のニーズを先取りし、
安全な総合物流サービスを通じて法令を遵守し、
地域社会に貢献するという企業理念のもと、
私たち物流業者にとって、何よりも輸送の安全確保が大切なものであるということを認識し、
運輸安全マネジメントに取り組みます。

ACTIVITY具体的活動

具体的活動風景
具体的活動風景

委員会・会議

  • 運輸安全マネジメント委員会 ※毎月開催。
  • 交通事故審議委員会 ※毎月開催。 (事故発生の場合は臨時開催)
  • 貨物事故審議委員会 ※毎月開催。 (事故発生の場合は臨時開催)

社外研修

  • 運行管理者研修 ※定期講習会参加。
  • 整備管理者研修 ※定期講習会参加。
  • その他協会・警察主催の研修・講習
  • ※開催毎に参加。参加者は運行管理会が決定。

社内教育・講習会

  • 運転者安全運転講習会 ※春季・秋季の年間2回開催。(社外講師による講習)
  • 一般乗務員安全運転教育 ※年4回開催。(危険予知トレーニング同時実施)
  • 新人乗務員安全運転教育 ※新入社員入社時個別に実施。
  • 乗務員運転適性診断 ※一般・特定・初任・特定Ⅰ・特定Ⅱ・適齢 各診断を受診。

当年度輸送の安全に関する目標→重大加害事故発生件数ゼロ

  自損事故
(損害金20万以上)
物損事故
(損害金20万以上)
人身事故 貨物事故
(弁金10万以上)
重大事故
平成27年度
達成状況
3件 1件 1件 0件 0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計0件

安全に関する情報交換方法

  1. 朝礼で、昨日の貨物・交通事故の有無、詳細、初動対応を報告し、各担当者の対応を指示する。
  2. 事故報告書・運行管理会議事録を所定の場所に事故事例として掲示公開し、事故原因を全員で再確認する。
  3. 管理職者に対し、携帯一斉メールにて、自社の貨物・交通事故発生や、事故防止情報・ニュース等を通知し必要な情報を交換する。

教育及び設備投資に関する予算、実績

(今年度より運輸安全マネジメントに取り組んだため、ここでは春季秋季の報告とします。来年度より年度別、前期後期別で記載します。)

  安全運転講習会 運行管理者研修 無事故優良
運転者表彰
デジタルタコグラフ
予算額 50,000 10,000 600,000 100,000
実績額
(4月現在)
0 0 0 0
実績額
(11月現在)
50,000 0 300,000 0

安全管理体制の自己診断

内部監査員により毎年1回、3月に社長を含めて安全の取組みのチェックを実施します。